舞台全体がまるで大きな飛び出す絵本!

不思議なオト・ヒト・モノがファンタジックな世界を描き出します。

“ピアニストのバッハ君”は、今日もひとり、ピアノを弾いています。
だけど…あれ??「シの音」が出ない!?
こまりはてたバッハ君は「シの音」探しの旅に出ます。そこでたくさんの不思議な体験を積み重ねながら、一つ一つの音の持つ意味・大切さに気づいていくのです。
はたして「シの音」との再会は果たせるのでしょうか?

作品特徴

  • トイピアノ&ピアノによるオリジナル音楽と“バッハ君”の人形、そして不思議なヒト達によるマイム芝居で、“五感で楽しむ”不思議な世界へご招待いたします。
  • いくつものカラクリが仕組まれた大型パネルや、紙芝居のような場面タイトルなど、「大型飛び出す絵本」をイメージさせる舞台セットも見応え十分!
  • 「1つ1つの音に意味がある」いなくなってしまった音を探す旅の中で、不思議な出来事や感情を体験するバッハ君。大切なことは何か。メッセージもこめた音楽物語です。

ポピードカ  ピアニーノ  ロートカ

出演者・公演条件

出演者プロフィールは写真をクリック

畑 奉枝(ピアニーノ) トイピアノ&ピアノ
畑 奉枝(ピアニーノ)
トイピアノ&ピアノ
畑 奉枝 / ピアノ&トイピアノ
Photo by Akinori Gomi

畑 奉枝 / ピアノ&トイピアノ

武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業後、ソロ活動およびいくつかのアンサンブルグループに所属し、フリーのピアノ奏者としての活動と音楽教室の経営を行う。その後約10年間音楽事務所に所属し、コンサート企画・制作・演奏部門の責任者として、幅広いジャンルのコンサート作品を手がけ全国展開。独立後、2008年7月〔sound office音旅舎〕を設立し、ピアノ&トイピアノを駆使した独自の演奏活動や作詞作曲活動を展開。各分野のスペシャリストと共にオリジナリティ溢れる舞台企画を制作し、舞台アートフェスティバルやイベント等に数多く出演している。2013年トイピアノソロCD〔ヒカリノオト〕発売。2018年11月著書〔いつかの涙を光にかえて/(株)サンパティックカフェ刊〕出版。〔sound office音旅舎〕代表。

青田 いずみ(ポピードカ) ナビゲーター・芝居
青田 いずみ(ポピードカ)
ナビゲーター・芝居
青田 いずみ/芝居・舞台コーディネート
Photo by Akinori Gomi

青田 いずみ / 芝居・舞台コーディネート

桐朋学園短期大学部演劇専攻科卒業。劇団文化座に14年間在団し数多くの作品に出演、全国公演に携わる。退団後1998年〔劇団ぐるーぷ・ふらいぱん〕を設立。幼児教育現場や全国の子ども劇場を中心に、宮沢賢治の童話などを基にした舞台活動を展開していたが、新たな方向性を見出し2007年に解散。その後社会派演劇のプロデュースや出演・朗読・演出・司会・舞台コーディネーター・演技所作指導講師等。また、日本舞踊・林流千永派の師範名取「林 千泉」としての活動も展開するなど、マルチな表現活動を行う。

小川 耕筰(ロートカ) 人形遣い
小川 耕筰(ロートカ)
人形遣い
小川 耕筰/人形遣い
Photo by Akinori Gomi

小川 耕筰 / 人形遣い

「ガイ氏即興人形劇場」「劇団人形の家」「ブレヒトの会」「銀猫商会」を経て、 幾つかの人形劇ユニットを結成。その後フリーとなり、人形劇のみならず、様々な分野との コラボレーションの試みや、他劇団、歌舞伎、オペラ等の公演にも参加。 テレビCMや人気アーティストのプロモーションビデオでの人形操演でも活躍するなど、 幅広い活動を展開中。 また、〔アメリカ人形劇人フェスティバルに招聘〕・〔国際交流基金・ 劇団ドラッグ共同作品に参加して長きに渡るヨーロッパ公演〕〔“フォー・シーズンズ”の ハンガリー&チェコ&スペインツアー〕〔国際人形劇連盟世界大会のクロアチアならびに オーストラリア大会に連続招聘〕・・・など、海外公演も多い。 2009年6月には、チェコで行われた【マテジンカ・プロによる子どものための人形劇フェスティバル】に参加し、作品グランプリと個人演技賞を受賞するなど、高い評価を受けている実力派アーティスト。

スタッフ

  • 脚本・演出/青田いずみ
  • 作曲/安部百合
  • 衣裳・舞台美術制作/佐々波雅子
  • 人形・舞台美術製作/渡辺数憲

公演条件

公演時間
約55分(途中休憩なし)
会場条件
音楽ホール・平土間ホール・おゆうぎ室・体育館など(要ピアノ)
対象人数
50~400名程度まで対応

お客様の声

  • ピアニーノがたくさんピアノをつかっていて、おしゃべりしないのにおしゃべりしているみたいですごいなあとおもいました。 (2年生男子)
  • 不思議な音楽会だと聞いていましたが、本当に不思議な世界に入ったみたいで、すごかったです。自分たちでお話を考えていくのだと思うと、わくわくしました。(5年生女子)
  • 声をあまり出さないで音楽と人と人形だけの劇は、初めてでした。言葉を使わなくても気持ちが伝わってきて、すごいと思いました。(6年生男子)
  • ばっはくんがもんばんにおいかけられたところが、おもしろかった。シのおとがみつかってよかったとおもいました。(幼稚園年長)
  • 不思議なカラクリの舞台セット・役者さんの間の取り方・セリフなしの表現に感動しました。(30代・保育士)
  • テレビやパソコンから情報があふれている時代。子供たちが想像する力を引き出せる舞台は心の奥底に残り、豊かな感性を育んでくれたことでしょう。不思議がたくさんつまったコンサート。素敵でした。(50代幼稚園園長)
Copyright 2008-2020 Sound office 音旅舎 All Right Reserved.
PAGETOP