ホームその他バリエーション作品

マリンバのぬくもり☆ピアノの煌き コンサート

関連動画を視聴

公演条件

対象年齢
中学校・高校の芸術鑑賞教室。一般。

2012年11月。大好評のうちに初演を迎え、今後ますます期待大!の新作です。 ぬくもりを感じさせる温かな音色から、迫力満点のサウンドを持つマリンバ&ヴィブラフォン(鍵盤打楽器)と、ダイナミックな表現力を持つピアノ(&トイピアノ)によるアンサンブルです。親しみやすい数々の名曲や、打楽器の魅力を存分に発揮するオリジナル曲など、バラエティ豊かなプログラムと、メンバーそれぞれのキャラクター色を生かしたトークコーナーが魅力。さらに、ソプラノ歌手をゲストに迎え、異色のコラボレーション作品となりました。

「リベルタンゴ」「アメージング・グレイス」「ハンガリア狂詩曲第二番」「リズムソング」「トルコ行進曲 ※コラボレーションバージョン」 …ほか 親しみやすい曲を中心にしながらも、楽器の特性を生かしたオリジナルアレンジが魅力のプログラムです。
親しみやすい曲を中心にしながらも、楽器の特性を生かしたオリジナルアレンジが魅力のプログラムです。 マリンバのぬくもり1 マリンバのぬくもり2

関連動画

お客様の声

  • マリンバとピアノの素晴らしい音色、トークも交えた3人のコラボがよかったです。
    今の時代、トイピアノような音色をもっと流して、気持ちもゆったりできるような世の中になるといいですね。(60代女性)
  • マリンバ・ピアノのコラボが絶妙、円熟さを感じさせる。
    トイピアノの演奏の歴史は知りませんが、遊び心そのものが音楽の幅を広げているような気がします。(60代男性)
  • 元気な一部にしっとりとした第二部。音楽はハイレベルで話は面白く、あっという間でした。
    この3人のコラボ、また聴きたいです。(30代女性)
  • 素敵なコラボに感激しました。 「たしかなこと」は亡き母を偲ばせてくれる曲で、いつ聴いても涙が出てきますが、マリンバが加わるとさらに深みが増しました。(50代女性)
  • 息の合った演奏とトーク、最高!楽しそうに演奏される姿にこちらも楽しくなり、そこに歌手が登場!
    鳥肌が立ってしまいました。それぞれの人柄が音や声となって、とってもあったかい気持ちになれました。(40代女性)

シーズン 和ルネサンス Season 季節はめぐり・・・命はくりかえす

公演条件

基本構成
3名
公演時間
一般ホール公演(休憩含め二部制) 90~100分 会場やご希望条件にあわせて、構成いたします。
対象人数
50~400名程度

  • ★ 100名を超える観客数、または会場条件によって、音響設備と専門スタッフが必要な場合あり

ひとりの歌手と ひとりのピアニストと ひとりの役者が出会いました。 季節のうつりかわりを 花々や 風の香りや 生き物の暮らしを くりかえされる命の歌を お届けします 子どもと ともに… 大人と ともに… 懐かしさとの出会い 新しき未来との出会い 和 ルネサンス それは”再生の旅”ともいえます


構成例 ホール公演の場合 休憩含め約100分

第1部 大切に伝えたい日本語の響き・美しい四季の移り変わり・繊細かつ温かみのある日本の音色…。 残していきたい名曲の数々を、斬新なリズムやジャンルにアレンジし、新たな魅力をひきだした作品です。 「四季おりおりの音楽(ソプラノ&ピアノ)」の間に、“一人の女性の人生を、季節を通して描いてゆく” 「ナレーション(役者)」が入り、日本人ならではの感性を、共感・共有しながら進行していきます。 それは、一人一人の心の中をも≪Season=季節≫ に投影した、新しい表現です。

第1部 約35分
  • 「Season シーズン~オープニング」 …オリジナル
  • 「おぼろ月夜」 …ジャズ・アレンジ
  • 「雪」 …ドビュッシーの曲が、日本歌曲と融合
  • 「夏の思い出」 …トロイメライのメロディーと
    融合した個性的アレンジで
  • 「冬景色」 …第一部の最後をロマンティックに。 ~他多数

第2部 トイピアノとピアノによる、懐かしきわらべ唄の組曲/そして、女性の熱い 恋心を描いた大人の絵本を“朗読オペラ”として、斬新に表現しました。

第2部 約40分
  • 朗読オペラ「つつじのむすめ/松谷みよ子作」
    …とおくはなれた村に住む むすめとわかものが まつりの晩に出会った。 わかものに会いたい一心で まいばんのように五つの山をこえてくるむすめ。 ふたりのしあわせな日々はやがて…。」
  • 「Season シーズン~エンディング」 …オリジナル
和ルネサンス 再生の旅
青田いずみ(ナレーション・朗読/舞台コーディネート)

お客様の声

  • 意外性のある編曲で、曲の可能性を引き出していたことに感動。(50代女性)
  • 歌のみで構成されず、意表をつく内容でメリハリがあった。(50代女性)
  • 改めて「和」の良さを感じることが出来ました。(30代女性)
  • 「つつじのむすめ」ドラマティックな朗読オペラに、思わず鳥肌がたちました。素晴らしかったです。(30代・女性)
  • 季節の流れの構成の中で、いろんなことをふり返っている自分がいて、懐かしく。 そしてものすごく力が湧きました。
    芝居にもすいこまれていきました。(20代女性)
衣装デザイン アクセサリーデザイン制作
青田 いずみ(Izumi Aota)/ 芝居・舞台コーディネート

青田 いずみ(Izumi Aota)/ 芝居・舞台コーディネート

桐朋学園短期大学部演劇専攻科卒業。
劇団文化座に14年間在団し、数多くの作品に出演。文化座を退団後1998年に、〔劇団ぐるーぷ・ふらいぱん〕を設立。幼児教育現場や全国の子ども劇場を中心に、宮沢賢治の童話などを基にした舞台活動を展開していたが、新たな方向性を見出し2007年に解散。
その後、他劇団での客演や、ひとり芝居・社会派舞台公演のプロデュース及び出演・朗読公演・演出・司会など、活動の幅を広げている。
また soundoffice 音旅舎 の舞台コーディネーターとして、複数作品のコーディネートを手がけるなど、音楽とのコラボレーションも得意とする。また日本舞踊・林流千永派の師範名取「林 千泉」としての活動も展開中。

音旅舎の多くの作品に、さまざまな立場で関わりながら、活動の幅を広げ続けるパワフルメンバーです!
役者&ナビゲーター&演出家&脚本家&舞台コーディネーター・・・1人何役!?
音楽家とのコラボレーションも得意とし、みんなのまとめ役です。

椎名 友樹(Tomoki Shiina)/ マリンバ・パーカッション

椎名 友樹(Tomoki Shiina)/ マリンバ・パーカッション

洗足学園大学器楽学科打楽器専攻中退後、プロの打楽器奏者として活動開始。
1997年全日本演奏家協会主催〔第7回ソリストコンテスト〕入賞。
その後、いくつかのアンサンブルグループを結成し、各地で精力的に演奏活動を展開。
海外でのコンクールにも参加し現代曲演奏において高い評価を受けるなどの実績を持ちながら、軽妙なトークや親しみやすいキャラクターを活かしたステージングも人気の、個性派プレーヤー。 現在、クラシックからラテン音楽まで幅広いジャンルの作品にて、各種教育機関・福祉施設・各地イベント・企業主催などにて活躍中。
purojeto musical SORRIR(プロジェット ムジカル ソヒール)代表。

軽妙なトークで、まわりの空気を一気に盛り上げる“お笑い雑談キング”!
音旅舎代表とは、コンビ歴15年以上!!
≪It‘s ANIMAL Time!!≫ でも、多彩な演奏スタイルとキャラクターが生きています。

富田 泰子(Yasuko Tomita)/ ソプラノ

富田 泰子(Yasuko Tomita)/ ソプラノ

武蔵野音楽大学声楽学科卒業。同大学院声楽専攻修了後、渡伊。
国立サンタ・チェチーリア音楽院にて3年間研鑽を積み、帰国後はソロリサイタルをはじめとする演奏活動を精力的に展開しながら、各地でヴォイストレーナーとしての活動も広げている。
イタリアオペラから日本歌曲まで多彩なレパートリーを持ち、ベルカント歌唱の的確なテクニック・深い音楽性・圧倒的な表現力で、各方面から高い評価を受ける実力派。

音楽とワンチャンをこよなく愛する、音旅舎の看板歌手。
≪Season≫を美声で彩りつつ・・・
こう見えて、意外にも? “肝っ玉娘”の一面も!!

畑 奉枝(Tomoe Hata)/ ピアノ&トイピアノ

畑 奉枝(Tomoe Hata)/ ピアノ&トイピアノ

武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
ソロ活動およびいくつかのアンサンブルグループに所属し、フリーのピアノ奏者としての活動と音楽教室の経営を行う。 その後約10年間音楽事務所に所属し、コンサート企画・制作・演奏部門の責任者として、幅広いジャンルのコンサート作品を手がけ全国展開。 ピアノ演奏のみならず、司会進行・教育機関での職員研修・講演会・イベントワークショップ企画なども行う。 独立後、2008年7月soundoffice 音旅舎 を設立し、ピアノ&トイピアノを駆使した“マルチピアノ”奏者として独自の演奏活動を展開。また昨今では作詞作曲アレンジも手がける。
各分野のスペシャリストとのコラボレーション作品などにて、全国各地のステージアートフェスティバルやフォーラムなどにも多数参加。2013年3月トイピアノCD≪ヒカリノオト≫を出版。
SAC(ステージ・アート・クリエイト)埼玉代表。

音旅舎代表。いつも“思いつきと勢い”で行動しては、周りにヒンシュクをかっています。
長く一緒にいると・・・
「ハタあたり」「ハタ凝り」「ハタ荒れ」などにご用心。

安部 百合(Yuri Abe)

安部 百合(Yuri Abe)

東京コンセルヴァトアール尚美卒業。作曲を三界正実氏に師事。
卒業後、ウィンド・アンサンブル ニューセレクション『Allegro.1(BGM音楽出版)』の編曲や、1999年には松本零士氏のアニメーション音楽のコンサート『幻想軌道コンサート(飯森範親氏指揮・東京交響楽団)』にアレンジで参加するなどの活動開始。 その後も、吹奏楽団や多くの音楽事務所からの依頼にて、多ジャンル音楽の作曲編曲をはじめ、語りと音楽のコラボレーション作品やミュージカル作品など、その活動は多岐に亘る。 最近では、日本古謡の斬新なアレンジや、箏や和太鼓などの邦楽器と洋楽器とのコラボレーションを数多く手がけ、“日本の音”に新たな息吹を吹き込んだ創作活動に定評がある。

今久保宏美(Masako Sazanami)

今久保宏美(Masako Sazanami)

作陽音楽大学音楽学部声楽科卒業(現、くらしき作陽大学)。
今西三典、フォルカー・レニッケ、揃敏幸、八尋和美、睦子・バルディの各氏に師事。津山国際音楽祭「魔笛」侍女Ⅱ、「皇帝ティートの慈悲」ヴィテリア、四国二期会公演「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ、「蝶々夫人」蝶々夫人、名古屋二期会公演「魔笛」侍女Ⅰ、愛媛県民オペラ「フィガロの結婚」スザンナ、伯爵夫人、オペラえひめ公演「こうもり」ロザリンデ、ひろしまオペラルネッサンス公演「カルメン」メルセデス、他に、「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「電話」ルーシー、「修道女アンジェリカ」のアンジェリカなど、多くのオペラに出演。また、「第九」のソリスト、学校公演等各種コンサート、全国二期会サミットコンサートなど、幅広く公演活動を展開中。2013年5月「愛媛県文化協会創立20周年記念功労賞」受賞。豊かな表現力と透明感溢れる歌声に多くのファンを持つ実力派。
(財)津山文化振興財団専属コーラスグループ「ヴォーカルアンサンブル津山」に所属。倉敷シティオペラ会員。新居浜女声合唱団“彩”指揮、指導。四国二期会会員。

オペラの華として大活躍のベテラン歌手ながら、持ち前の“好奇心&探究心&チャレンジ精神”でますます飛躍の彼女。 でもその中身は!? ふわりと周りを包み込む“天然キャラ”にて、メンバー間でも癒し的存在です。